CANにとって、いちばんの財産は社員。店舗や本社本部に限らず、社員全員が働きやすい環境にしたいと考えてきました。
仕事に取り組む時間とプライベートの時間、その両方を大事にできるよう、たくさんの福利厚生を整えています。
年間成績が優秀だった店舗の店長を対象に、年に1度、報奨旅行を実施しています。例年の行き先は海外リゾート地が多く、報奨旅行への参加を目指して頑張っている社員も多数。全国の店舗から参加者がいるため、普段は違う店舗で働いているスタッフと親睦を深めるきっかけにもなっています。

本社本部のスタッフは、月末の金曜日は15時に退社。店舗スタッフは金曜日に限らず、月に1度、好きな日に勤務時間を3時間短縮することができます。(※) 早めに退社してショッピングに行ったり、出勤時間を遅らせてゆっくり朝をスタートするなど、月に1度の3時間勤務時間の短い「プレミアムフライデー」を自由に活用することができます。「プレミアムフライデー」は働き方改革の一貫として政府や経済界が提唱しているものであり、CANでもこの取り組みを積極的に導入しています。
(※)短時間勤務制度利用中の場合は2時間短縮。

仕事の充実はもちろん、プライベートも大切にしてもらうために生まれた「ライフスタイル休暇」。通常の公休日や夏季・冬季の休暇とは別に、希望のタイミングで1年間で最大7日間の連休を取得できる制度です。混雑時期を避けて海外旅行に行ったり、家族の休みと合わせたり、趣味を満喫するなどリフレッシュして、仕事へのモチベーションを高めてください。


CANで働く女性社員の割合は96%(※)と非常に高く、だからこそ女性の働きやすさを追求してきました。その代表例のひとつが、「産休育休制度」です。本社本部、店舗の社員共に希望者の産休育休の取得率は100%。厚生労働大臣より「子育てサポート企業」の認定も受けています。 育休復帰後、子供が小学校に就学するまでは「短時間勤務制度」を活用できるので、安心して仕事と子育ての両立が可能。CANでは、社員のライフステージに合わせ、長く働ける環境を提供していきます。
(※)2017年12月末時点